【BORA】カーボンクリンチャーはホイールの新たな地平を開くか?最終章【カンパ】
by: 梅林 康典

 

 

最近ですね。

レース会場やら、なんやらで

「カーボンクリチャー、実際にはどうなん?」 とか

「今日は、クリンチャーとチューブラーどっちですか?」

と聞かれることが、増えまして。

 

これまで継続してお伝えしてきました  のシリーズを読んで頂いているのだなぁと、

感謝しております。

これまでのインプレ記事↓↓↓

その1

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/11/post-520.html

 

その2

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/11/2-1.html

 

その3

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/12/3.html

 

その4

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2015/01/reynolds.html

 

その5

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2015/01/post-534.html

 

その6

http://ysroad-nagoya-customkan.com/staffblog/2015/03/post.html

 

アイオロスクリンチャー2 005.jpgREYNOLDS 002.jpg

 

 

ここまできましたらですね、いよいよ真打・本命の登場です。

 

それは・・・・・・

 

CAMPAGNOLO BORA ONE 35 CLINCHER !!

 

BORA WO8550_n.jpg

 

満を持しての登場です。

 

ただでさえ、圧倒的な完成度でミドルハイト・カーボンホイールの頂点に立った

BORA 35

のクリンチャー。

 

今回は、メーカー様からお借りした際の

BORA WO21406_n.jpg

ミシュラン PRO4  にて、タイヤはこの仕様で。

クリンチャータイヤの最高の性能の基準点として、安心のできる性能です。

 

 

さっそく、装着。

BORA WO15227_n.jpg

なんというか、「BORA」って入ったホイールがついてるだけで

「強そう」なイメージになります。

 

さっそく、サンデーライドでの切磋琢磨する走行にて

限界でのテスト開始!!

・・・といきたかったのですが。

当日はめっちゃ微妙な天気予報になり、家を出たところでポツポツと・・・

残念ながら、サンデーライド中止!!

(誰だ、そこで「気合を入れるからだ」とか笑ってるのは?)

 

 

ということで、まずは通勤路での初見でのインプレッション。

 

まずですね、やっぱりよく回りますよ。

ホイールはカンパに始まって、カンパに終わる。

そして、カンパの歴史のスタートはクイックレバーからというのは周知の事実。

言うなれば、ハブ屋さんから始まってるわけでして。

カンパのホイールは、下位グレードのシロッコやカムシンでも良く転がりますが

「回らせたら、カンパ」というのは健在です。

前方の信号が赤になるのを見越して、脚を止めてると普段よりも

進む距離が前にあることに驚きます。

 

そして、絶妙なホイールバランス

もうね、「よくわかってるなぁ」と思わせてくれる。

スポークテンション含めた、全体のバランスが絶妙なところにいらっしゃる。

硬すぎず柔らかすぎず。

 

とベタ褒めしたいところですが、ここまでは

そもそもカンパのホイールに共通していることだし

BOARにしてもチューブラーがあるわけだし・・・。

というところ。

 

初見での、比較論でいうと

「チューブラーのバージョンには勝てんよ」

いや、そりゃそうなんですが。

クリンチャーバージョンは、絶妙なところにいらっしゃるんですが

微妙にはっきりした個性を主張してこない、印象。

 

これまでテストしてきた二つのメーカーと比較すると、

「35mmなのに、中高速域で伸びる」という性能は、BONTORAGERのほうが良くて

「下った勢いでそのまま登れる」という性能は、REYNOLDSのほうが良い印象。

しかし、BONTRAGERに対してスポークテンションでやや優しい感触があり

長い距離や踏み倒す状況でも、脚にダメージが少ないかも知れません。

 

根本的には、カンパに共通した

「ハブの回転性能」 と 「絶妙なホイールバランス」 が

チューブラーとかクリンチャーを飛び越えた圧倒的なアドバンテージにあるホイールですね。

 

まだ通勤路での初見なので、もっと長距離でよりアップダウンのあるコースでの

テストを後日行いますが

特に変わったことをせずに、普通に完成度の高いものを造ってくるあたり

「何も足さない、何も引かない」

ウイスキー・山崎12年に通じるものがあるかと。

 

いや、ニッカも十分おいしいですよっ!?

竹鶴7623_n.jpg

(マッサン、の流行りで最近の愛飲。誰か、山崎を俺に買ってくれ・・・)

 

 

次回、お楽しみに!!

 

そして、

シャマルMILLE5564_n.jpg

話題のSHAMLL MILLE は、カスタム館の斎藤先生が

インプレ予定!!

ご期待ください!!

 

 

 

前の記事へ

次の記事へ

  • 店舗ブログ 新記事はこちら
  • 一部店舗の定休日設定と営業時間変更のお知らせ
  • ワイズコレクション