【俺に聞け】梅林の戦闘機、2015ver を解説【スタッフバイク】
by: 梅林 康典

 

 

さて、

「俺に聞け!!」

と大きく出た甲斐あってか?

ちやくちゃくと、スタッフバイク率も増えた BMC。

ですが。

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2015/05/post-550.html

 

まぁ、やっぱり元祖・Y's Road名古屋 = BMC といえば

俺だろ、ということで。

 

梅林の戦闘機・SLR012015仕様も固まったところで

ちょいとご紹介。

 

ちなみに、2014バージョンは

0211.jpg

昨年の、最速店長選手権が最終形。

その模様。

 

ここから、果たしてどう変わったのか?

 

まずは、シーズン初戦となった 伊吹山ヒルクライムでの仕様。

stages814_n.jpg

この状態で、6.77kg。

実業団レースでの規定、 6.8kg にギリギリ誤差の範囲で許されました。

 

2014バージョンから、大きく変わったのは

スタッフバイク290218_n.jpg

クランクをシマノ純正の 9000系デュラエースに戻して

 

stages9255_n.jpg

出力計測を、STAGES POWER に変更。

これで、クランク周りの更なる剛性アップと確実な変速性能を確保。

 

しかし

スタッフバイク08021_n.jpg

昨年と同様に、インナーチェーンリングはROTORの楕円 36。

アウターの真円と組み合わせることで、使う筋肉を切り替えていく作戦です。。

 

 

ここから、さらにアップデートされた2015仕様

がこちら!!

スタッフバイク31332_n.jpg

BMC SLR01  梅林2015仕様

 

2014年モデルですが、2015年モデルとはカラー違いのみ。

しかし、通常の商品はマットカラーですので

このようにツヤツヤではありません。

ご注意ください。

 

 

不退転の決意により、今後のシーズンは

ヒルクライムは捨ててロードレースに絞ることを表明。

スピードの変化に対応しつつ、苦手な下りを克服し

さらに終盤まで脚を残す・・・ことを考えて

スタッフバイク37466_n.jpg

ホイールは、カーボンクリンチャーである

REYNLODS 46AEROが登場することが増えると思います。

しかし、BONTARAGER アイオロス3 もかなりの戦闘力なので

どちらを使うかは、コースとコンディションによって選択する予定。

タイヤは、IRCの廃盤となった FORMULA PRO がいたくお気に入り。

シュワルベ ONE とのチョイスで迷うところです。

 

クイック393572_n.jpg

クイックレバーを、シマノに替えているのは

BMC-RACINGのカデル・エヴァンスがEASTONのホイール時代にもクイックレバーがシマノだったことを真似して。

しかし、MTB用のXTRなのはちょいと捻ってみました。

 

 

スタッフバイク43989_n.jpg

ロードレースのアップダウンでは、ギア比をアウター×ローで走ることも多いので

カーボンドライジャパンのビッグプーリーを装着。

ちなみに、近々ナゾの試作品が装填される予定・・・。

 

ハンドル周りはアクセントとして

スタッフバイク556327_n.jpg

ビーズタイプのアウター。

ヘッドチューブにアウターワイヤーが入るフレームだと、

車に積み込む際の90度にハンドルを曲げるとワイヤーが痛むことが多いため

対策として検証。

 

スタッフバイク23346_n.jpg

バーテープは、昨年から継続使用の

リザードスキンの厚さ1.8mmを愛用。

単価は高いですがその分、長持ちするので結局コストパフォーマンスが向上します。

もちろん、手のひらへのグリップ性が非常に高いこともおススメです。

色は、気分を変えて赤へ。

そして、これも昨年から使用の電動変速用のスプリンタースイッチを装備。

スプリントはできませんし、その局面に絡むことはできませんが

下りでの安全アドバンテージが得られるので、ガチのレースをされない方も重宝します。

 

スタッフバイク818042_n.jpg

レバーの角度は、カチ上がり気味ですが

10度以上 12度 以内 をキープ。

思うに、体の小さい方で登りを多く走りたい場合は

これくらい上げてるほうが乗りやすいかと。

 

スタッフバイク88054_n.jpg

サドルは、Fizi:kの旧型アリアンテですが

昨年のカーボンモデルから一昨年のチームカラーに戻したのは

単なる色のコーディネイトです。

 

ハンドル周りと同様に、小さい人の悩み対策

スタッフバイク707221_n.jpg

ボトルケージを下方向にオフセット

これで、2本差しを無理なく使えます。

 

 

今後も、折があれば仕様は変わっていくとは思いますが

まずはこの状態での実測重量

7.04kg

ちょっと・・・重いですね(苦笑)。

でも、重量の軽さを求めるよりも

乗り手の技量に見合った使いやすいインターフェイスと

力を出し切るためのパーツ選択

が重要だとは思っていますので

コレでいいノダ!!

 

繰り返しますが

ツヤツヤ76955_n.jpg

このツヤツヤは、通常の商品にはこざいませんので

ご容赦ください・・・

 

 

前の記事へ

次の記事へ

  • 店舗ブログ 新記事はこちら
  • 一部店舗の定休日設定と営業時間変更のお知らせ
  • ワイズコレクション